学校経営論。A評価「公教育の実施原則と学校の自己裁量権について述べよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数159
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    教育は教育されるその人間(児童生徒)へ行うものであり、人間としての資質や能力を向上させ、その機会を提供することであり、周囲にいる人々が全員で行わなければならないものだと考えます。よって国家には子供に教育を受けさせる義務があり、子供には教育を受ける権利があります。どのような教育でも、単に教育活動を行えばよいというものではなく、教育の質を高め、その機会が公正、平等に配分されなければならない。
    Ⅰ公教育の実施原則について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「公教育の実施原則と学校の自己裁量権について述べよ」
    はじめに
    教育は教育されるその人間(児童生徒)へ行うものであり、人間としての資質や能力を向上させ、その機会を提供することであり、周囲にいる人々が全員で行わなければならないものだと考えます。よって国家には子供に教育を受けさせる義務があり、子供には教育を受ける権利があります。どのような教育でも、単に教育活動を行えばよいというものではなく、教育の質を高め、その機会が公正、平等に配分されなければならない。
    Ⅰ公教育の実施原則について
    教育について日本国憲法はその自由を全面的に保障しており、国家は教育の自由を制限してはいけない。教育基本法第一条は教育の自由であり、教育は人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならないと示され、第二条では教育の目的として、教育はその目的を実現するため、学問の自由を尊重し、教育の質や個人の価値を尊重することが示されている。しかし、国家の教育活動への関与については二つの考え方があり、一つは「国家は国民の内心に干渉してはならない」も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。