臨床心理学①「臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ」

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数166
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    精神分析は1900年、フロイトによって44歳の時に考案されたものであり、最も早く開発された心理療法である。それは「人の話を聞くこと」の大切さを強調した。その後、対話だけに依存していては完全な人間理解は出来ないことも明らかになり、クライアントが持っている症状についても問題が深い時には、薬物投与をして対話を可能にさせたり、夢や絵画、箱庭などのイメージによる表現に頼ることが必要と考えられ、今日における心理療法の発展がある。
    クライアントが悩みをもって来たときには

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ」
    はじめに
    精神分析は1900年、フロイトによって44歳の時に考案されたものであり、最も早く開発された心理療法である。それは「人の話を聞くこと」の大切さを強調した。その後、対話だけに依存していては完全な人間理解は出来ないことも明らかになり、クライアントが持っている症状についても問題が深い時には、薬物投与をして対話を可能にさせたり、夢や絵画、箱庭などのイメージによる表現に頼ることが必要と考えられ、今日における心理療法の発展がある。
    クライアントが悩みをもって来たときにはまず最初に「面接」を行う。ワーカーは、「その人がかかえている悩みを尊重」し、抑圧され見失われている真の自己を再発見する事を助力する。自分の個性的スタイルや可能性を含めて、人間として全体的機能を回復することに中心的力点を置き、相手の全人格を理解することに努める。とくにクライアントが神経症的な傾向が強いほど、自らの可能性を制限し、あるいは自分自身を抑圧し、みないようにしていることが多い。こういう状況の中で、ワーカーがクライアントの「全人格についての..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。