総合演習「小児の発達の一般原則と地域(生育環境)差について述べよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数241
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境実験子ども経済情報発達教師社会学校心理

    代表キーワード

    経済総合演習

    資料紹介

    子どもの成長過程で、人間の発育は無秩序におこなわれていくものではなく、一般原則がある。それは成長ホルモン、性ホルモンなどといった内分泌系や、情緒、情動、精神活動といった神経系の支配を受けて営まれている。これらの内分泌系や自律神経系には、影響を与えるさまざまな因子が介在している。例えば、温度・湿度、気圧、日照などの自然環境因子や、栄養、社会経済的初因子、精神的ストレスなどが

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小児の発達の一般原則と地域(生育環境)差について述べよ」
    はじめに
    近年は変化の激しい時代と言われているように、グローバル化や情報化により国際競争が激しくなり、わが国では少子化や核家族化問題などが子どもの教育に影響を及ぼしている。更に、知識・情報・技術が政治・経済・文化をはじめ社会のあらゆる領域での活動の基盤として飛躍的に重要性を増す「知識基盤社会」の時代でもある。このような状況において、確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和を重視する「生きる力」をはぐくむことが重要視され、知・徳・体のバランスとともに、基礎的・基本的な知識・技能・思考力・判断力・表現力等及び学習意欲を重視し、同時に情操教育を通して感受性豊かな心の育成や自国及び多国への歴史・伝統への理解などを学校教育においてはぐくむことが必要である。しかし、子どもの成長過程で、人間の発育は無秩序におこなわれていくものではなく、一般原則がある。それは成長ホルモン、性ホルモンなどといった内分泌系や、情緒、情動、精神活動といった神経系の支配を受けて営まれている。これらの内分泌系や自律神経系には、影響を与えるさまざまな因子が介在している。例..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。