図画工作指導法『表現の内容「感じたことや想像したことを絵や立体に表す」で、対象学年と題材を決め、具体的な展開例をもとに、

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数158
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    幼児の造形活動において「今日は○○を使って、○○を作りましょう」といったように、ゴールがはっきりしている授業内容もあるが、ここでいう「その子なりの多様な表現を保障する活動」とは、子どもが周りの環境やそれまでに培った経験等を活かして、自ら制作する楽しみを発見し、喜びや期待感を持って、楽しいと思うような気持ちが湧き上がってくる授業内容である。
    特に幼児期は見るもの、触れるもの

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『表現の内容「感じたことや想像したことを絵や立体に表す」で、対象学年と題材を決め、具体的な展開例をもとに、「その子なりの多様な表現を保障する」教師の支援について述べよ」
    幼児の造形活動において「今日は○○を使って、○○を作りましょう」といったように、ゴールがはっきりしている授業内容もあるが、ここでいう「その子なりの多様な表現を保障する活動」とは、子どもが周りの環境やそれまでに培った経験等を活かして、自ら制作する楽しみを発見し、喜びや期待感を持って、楽しいと思うような気持ちが湧き上がってくる授業内容である。
    特に幼児期は見るもの、触れるもの全てが新鮮に感じる時期であるため、興味関心を引き出し、伸ばすためにも、授業の導入時で彼らの心を掴むことができるかがポイントなる。それほど、導入時の展開は子どもに対して重要であり、教師や保育者は導入をどのように展開するかについて工夫しなければならないのである。では実際に授業の導入から展開までの題材設定と具体的な教師の支援についてどのように行うべきか述べていく。
    授業における導入の役割は、その時間にどんなことをやるか、どのような手順で作品を描いたり作ったり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。