理科「生命の誕生から動物・植物への分化、および進化について述べよ。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数299
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    今から約46億年前、地球は誕生し、約40億年前には生命が誕生したと考えられている。  本稿では、生命の誕生までに地球にどのような出来事があり、生命は生まれてきたのか。また、その生命が地球とともにどのような進化、分化をとげてきたのか考察を進める。
    1.生命とその誕生、原核生物・真核生物。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    東京福祉大学 通信教育部 指定レポート用紙
    フ リ ガ ナ 氏 名 学籍番号 科目名 理科 科目コード
    設 題 第(  1)設題/全(  1)設題 提出月 平成   年   月 ダウンロード版
    「生命の誕生から動物・植物への分化、および進化について述べよ。」
    はじめに
    今から約46億年前、地球は誕生し、約40億年前には生命が誕生したと考えられている。  本稿では、生命の誕生までに地球にどのような出来事があり、生命は生まれてきたのか。また、その生命が地球とともにどのような進化、分化をとげてきたのか考察を進める。
    1.生命とその誕生、原核生物・真核生物。
    生命とは遺伝子情報を持ち、それを自ら複製し増殖させる能力を持つもののことである。最初の生命が誕生した舞台は原子スープと呼ばれる約38億年前の海の中である。海の底では地中にしみこんだ海水がマグマによって熱せられ、超高温の海底温泉として上昇する。
    このときにさまざまな物質がこの中に溶け込み、メタンや硫化水素、アンモニアといった成分を持ったまま噴出する。噴出された液は物質を多数含むことから黒色となり、「ブラックスモーカー」と呼ばれる。このブ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。