特別活動の指導法『特別活動の歴史から見た特質について、小学校、中学校いづれかについてその変遷を概観するとともに、平成20

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数118
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    はじめに
    小学校の特別活動では、「心身の調和の取れた発達と個性の伸長」と「集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築く」ことが期待されている。そのためには自主的、実践的な態度を育てることが大切であり、それらを達成するために4つの望ましい集団活動の活動目標や内容を具体的に把握することが必要である。4つの望ましい集団活動とは、学級活動、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    東京福祉大学 通信教育部 指定レポート用紙
    フ リ ガ ナ 氏 名 学籍番号 科目名 特別活動の指導法 科目コード
    設 題 第(  1)設題/全(  1)設題 提出月 平成   年   月 ダウンロード版
    『特別活動の歴史から見た特質について、小学校、中学校いづれかについてその変遷を概観するとともに、平成20年改訂学習指導要領の特別活動に関する「改訂の要点」を述べよ』
    はじめに
    小学校の特別活動では、「心身の調和の取れた発達と個性の伸長」と「集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築く」ことが期待されている。そのためには自主的、実践的な態度を育てることが大切であり、それらを達成するために4つの望ましい集団活動の活動目標や内容を具体的に把握することが必要である。4つの望ましい集団活動とは、学級活動、児童会・生徒会活動、クラブ活動、学校行事である。  学級活動とは、担任の教師を中心にクラスを単位として、生活の充実と向上を図るもので、学校生活上の諸問題の解決や組織作り、仕事分担などについて話し合い、希望や目標
    を持って生活する態度を形成する活動である。
    クラブ活動は異年齢の同好の児童が所..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。