算数「算数教育における学習指導要領変遷の概略について述べよ。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数139
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    戦後1947年に、学校の中で各教科を実際に教える内容と目標について、学校教育法施行規則の規定を根拠に定めたものが現在も使用されている学習指導要領である。しかし、昔は算数というと、「読み・書き・そろばん」といわれるように、そろばんの教授を目的とした生活に密着したものであった。その後、明治5年より小学校が設立され、算数教育にはそれまでの和算に替わって洋算が取り入れられた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数教育における学習指導要領変遷の概略について述べよ。」
    はじめに
    戦後1947年に、学校の中で各教科を実際に教える内容と目標について、学校教育法施行規則の規定を根拠に定めたものが現在も使用されている学習指導要領である。しかし、昔は算数というと、「読み・書き・そろばん」といわれるように、そろばんの教授を目的とした生活に密着したものであった。その後、明治5年より小学校が設立され、算数教育にはそれまでの和算に替わって洋算が取り入れられた。第2次世界大戦が終結し、昭和20年、わが国はGHQの占領管理下におかれ教育についても、その指導・監督を受けることとなった。昭和22年には学習指導要領算数科・数学科編が発行されている。本稿では、学校における算数科教育の歴史と学習指導要領の変遷を述べ、どのような段階を経て今日の算数科教育に至るかを論述する。
    1.戦前の算数科教育について
     1872年に学制頒布により、それまではそろばんであった和算が洋算を取り入れた小学算術となり算数が誕生した。1903年に初めての算数の教科書「尋常小学算術書」が発行されたが、これは教師用であり児童用の教科書はまだなかった。こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。