体育「体育の授業における「わかる」「できる」の関係性とこの両者が学べる授業とはどのような授業であるのかを述べなさい。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数169
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    小学校教師学校体育児童授業運動指導目標考察

    代表キーワード

    体育学校

    資料紹介

    体育の授業に対する「わかる」「できる」という2つの立場を明確にし、両者が学べる授業展開について考察していく。                     
    「わかる」の立場は「できる」ことを求める必要はないという考えで、上手くできずとも、運動を楽しむことは可能であり、教科指導は

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「体育の授業における「わかる」「できる」の関係性とこの両者が学べる授業とはどのような授業であるのかを述べなさい。」
    体育科は、学校教育における国語や算数などと並ぶ、1つの教科で、体育はスポーツなど各運動を通じて心身の健やかな成長や自己の体の仕組みを学ぶ科目である。授業で目指すのは、目標達成に向けて努力させることである。体育の概念についても、時代の変化とともに変わってきた。明治5年には、「体術」と呼ばれ、その後は「体操科」「対錬科」と変わっていく。体錬科とは、体操と武道を合わせているものであり、身体鍛錬や身体訓練の意味合いが強かったが、戦後になってから「体育科」が登場する。現在では、日本の小学校、中学校、高等学校において、教育課程を編成する1つの教科(中学校、高等学校では保健体育)とて位置づけられている。生涯に渡って運動に親しむ資質と能力の育成し、卒業後も私生活で体育的な活動を取り入れることで心身を豊かに保つことを目指す。  よりよい学校体育の条件として、基礎的条件と内容的条件の二重構造からなる。基礎的条件では時間の確保、規律、雰囲気など授業を円滑に進め、児童にも開放感を感じさせるための..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。