生活「幼児保育の基礎と、教科「生活」の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数118
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    はじめに
    教科「生活科」の目標と内容は、学習指導要領において「具体的な活動や体験を通して、自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもち、自分自身や自分の生活について考えさせるとともに、その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、自立への基礎を養う」とあげられている。
    生活科の授業は児童の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「幼児保育の基礎と、教科「生活」の目標や内容との関連や連続について具体的に考察せよ」
    はじめに
    教科「生活科」の目標と内容は、学習指導要領において「具体的な活動や体験を通して、自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもち、自分自身や自分の生活について考えさせるとともに、その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、自立への基礎を養う」とあげられている。
    生活科の授業は児童の生活圏として存在する学校・地域・自然を学習の対象や場とし、一番身近な場所から学習を開始する。学習したことは、学校、児童、地域での児童の「普段の生活に活用」できる。次に児童が身近な人々、社会及び自然と直接かかわる活動や体験を重視し、児童が自分の「思いや願い」を考え、主体的に活動することができるようにする。次に、児童が身近な人々、社会及び自然と直接かかわる中で、それらについて「気付く」ことができるようにするとともに、学習を通して自分自身や自分の生活について気付くことができるようにすることである。そして、そうした気付きを児童自身が自覚することで、児童は自ら自立への一歩を踏み出すのである。
    生活科の内容構成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。