教育法規「教育と法の関係について、考えるところを述べよ。」

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数123
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法日本福祉刑法社会子ども学校教職道徳人間

    代表キーワード

    憲法教育法規

    資料紹介

    はじめに
     教育とは教育されるその人間(子ども)へ行うもので、人間としての資質や能力を向上させ、その機会を提供することであり、周囲にいる人々が全員で行わなければならないものだと考えます。よって親にも子供に教育を受けさせる義務があり、子供には教育を受ける権利があります。
    1.教育の内面性と法の外面性について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育と法の関係について、考えるところを述べよ。」
    はじめに
     教育とは教育されるその人間(子ども)へ行うもので、人間としての資質や能力を向上させ、その機会を提供することであり、周囲にいる人々が全員で行わなければならないものだと考えます。よって親にも子供に教育を受けさせる義務があり、子供には教育を受ける権利があります。
    1.教育の内面性と法の外面性について
    教育は、親と子ども、教師と子どもなど人間同士の直接的な関わりの中でなされる社会的、人間的な営みであり、子どもの人間性や人格へのあらゆる面に影響するものとして、教育における内面性にも注目しなければならない。これに対して刑法では、「外面性」を特色とすると言われており、これは「道徳の内面性」に対する言葉である。例としては危篤に陥った母親を見舞うために信号を無視して死に直面した場合、道徳的には評価される、しかし法的には、道路交通法に違反するとして違法と判断される。この例は「道徳の内面性」と「法の外面性」の違いを良く表している。しかし、「法は最低限の道徳である」と言われているように、現実の場面では、法と道徳は、それほど明確には区別されているわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。