教育相談。A評価「来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法。この2つを基礎的な理論面、技法面、長所、短所を述べよ。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数202
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    児童生徒の悩み、苦しみ、辛さなどについて相談を受け、それらの問題を解決に導くことが目的である。実際の問題として、学業不振、非行、いじめや暴力、不登校などの相談に応じる。
    形式としては、夏休み、春休みなどの長期休業中に行う相談、呼び出し相談、偶然の機会(休み時間・放課後)をとらえた相談、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「今日多くの学校や研究所相談室では、来談者中心療法と行動療法のカウンセリング技法が活用されている。この2つを基礎的な理論面、技法面、長所短所等を比較しながら述べよ。」
    はじめに
     学校における教育相談とは、「いつでも・どこでも・だれにでも」の考え方を基本に、児童生徒の学校生活における学習面、生活面、進路面などの指導援助を包括しての呼び名である。児童生徒の悩み、苦しみ、辛さなどについて相談を受け、それらの問題を解決に導くことが目的である。実際の問題として、学業不振、非行、いじめや暴力、不登校などの相談に応じる。
    形式としては、夏休み、春休みなどの長期休業中に行う相談、呼び出し相談、偶然の機会(休み時間・放課後)をとらえた相談、児童生徒の自主的来談による相談がある。これらは正面的には些細な問題でも、実際は非常に深刻な問題のケースもあるため、教師は児童生徒の立場となって考えることが教育相談の第一歩である。
    教師(カウンセリング時)の基本的な態度
    教育相談を実施する際、教師は児童生徒の気持ちや、考えを引き出し相手の立場になって相談を受けなくてはいけない。カウンセリング時の基本的な形式としては、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。