教育行財政「教育を受ける権利について、最高裁判所のいわゆる旭川学テ判決を参考にしながら、論述しなさい。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数271
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法福祉人権子ども教師社会文化発達

    代表キーワード

    憲法

    資料紹介

    1.教育を受ける権利とは
    日本国憲法第26条によると、「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。」2すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。義務教育はこれを無償とする。とし、教育基本法ではこの権利に対する国、地方公共団体は以下のように示している。
    国及び地方公共団体は、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育を受ける権利について、最高裁判所のいわゆる旭川学テ判決を参考にしながら、論述しなさい。」 1.教育を受ける権利とは
    日本国憲法第26条によると、「すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。」2すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。義務教育はこれを無償とする。とし、教育基本法ではこの権利に対する国、地方公共団体は以下のように示している。
    国及び地方公共団体は、義務教育の機会を保障し、その水準を確保するため、適切な役割分担及び相互の協力の下、その実施に責任を負う。
    25条生存権では教育を受ける権利とは何か、社会で有意義な生活を送るための精神的自由権である。また教育を受ける権利が保障されていることによって人間に値する生存の基礎条件が保障されることから憲法25条の生存権で保障されており、すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進につとめなければならない」として、これは、最低生活維持に関する国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。