理科「小学生の理科離れ防ぐための方法」について述べよ。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数89
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
    理科離れとは、一般的には、理科への興味や関心が無くなること、理系科目の内容への理解力が低下すること、理系大学への進学意欲を示さなくなること、日常生活で重要な科学的知識を持たない人が増えること、事実を積み重ねていく理論的な考えができなくなること、簡単な計算が困難になることなどが考えられている、本レポートでは理科離れの原因と学校教育の在り方を中心に考察をすすめる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小学生の理科離れ防ぐための方法」について述べよ。
    1.はじめに
    理科離れとは、一般的には、理科への興味や関心が無くなること、理系科目の内容への理解力が低下すること、理系大学への進学意欲を示さなくなること、日常生活で重要な科学的知識を持たない人が増えること、事実を積み重ねていく理論的な考えができなくなること、簡単な計算が困難になることなどが考えられている、本レポートでは理科離れの原因と学校教育の在り方を中心に考察をすすめる。                    
    2.理科離れの原因について考えられているのは、教育現場の問題、子供側の問題、環境の問題がある。教育現場では詰め込み授業・ゆとり教育・受験戦争があるため、暗記中心が多くなり、受験に関係ない学習は無視される傾向があり、理科のもつ本来の面白さを十分に理解させることができていないのである。子供側の問題として、自然と接する機会が少なく、その反面コンピューターゲームやテレビから情報を受け取る間接体験で、理科への感動の格下げを招いている。環境の問題としては、近年、遊ぶ場所の大幅な減少や、同世代・異世代での集団での遊び不足、親や教師の指導力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。