情報処理演習 設題1「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数126
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.コンピュータの歴史。             製作は1940年代から始まり、現在に至っている。その歴史の始まりは、ENIAC(世界で最初の電子計算機)である。ENIACは1946年に開発された世界初の実用的コンピュータであり、18000本の真空管を使用し

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ」
    1.コンピュータの歴史。             製作は1940年代から始まり、現在に至っている。その歴史の始まりは、ENIAC(世界で最初の電子計算機)である。ENIACは1946年に開発された世界初の実用的コンピュータであり、18000本の真空管を使用し、サイズも巨大であり、プログラムごとに配線を行うものである。
     1945年には、ハンガリーの数学者であるフォン・ノイマンによって、コンピュータが従来の配線によるプログラムではなく、コンピュータ内の記憶装置に留め、それを基に処理を行うプログラム記憶方式を提唱した。この方式は現代で使用されているものであり、1949年にはケンブリッジ大学のウィルクスによってEDSACが開発され、1950年にはフォン・ノイマンによってEDVACが開発され、この2つが世界初のプログラム記憶方式のコンピュータとなったのである。
     以降のコンピュータの発展として、論理素子からの発展により、第1世代~第4世代に区別することができる。
    第1世代は、大きさ数mm~..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。