算数科指導法「算数科における基礎・基本とは何か。また、基礎・基本の確実な定着を図るための指導上留意することについて述べよ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数115
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    算数科における基礎・基本とは、教育課程編成の一般方針で、各学校は児童の「生きる力」をはぐくむことを目指した教育、この場合大きく分けて二つである。
    一つは、連続的に学習を続けていく基になる基礎・基本である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数科における基礎・基本とは何か。また、基礎・基本の確実な定着を図るための指導上留意することについて述べよ」
    はじめに
    21世紀は、新しい知識・情報・技術が社会で活躍していくには不可欠であり、「知識基盤社会」の時代であるといわれている。それは、良い人材を確保する国際競争を加速させる一方で、異なる文化などとの共存や協力が必要な社会となっている。また、OECDのPISA調査などから日本の児童生徒は、①読解力や記述式問題、知識・技能を活用する問題に課題、②家庭での学習時間などの学習意欲、学習習慣・生活習慣に課題、③自分への自信の欠如や自らの将来への不安、体力の低下といった課題が見られる。 
    このような著しく変化する社会に対応するために、児童には、確かな学力、豊かな心、健やかな体の調和を重視した「生きる力」の育成が重視された。新学習指導要領は「生きる力」の根本となる基礎・基本の定着を期待し、改善が図られた。平成20年、学習指導要領算数科の目標は「算数活動を通して数量や図形にたいしての基礎的・基本的な知識及び技能を身に付け、日常の事象について見通しを持ち筋道を立てて考え、表現する能力育てるとと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。