教師論。A評価「これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数111
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教師子ども社会教職学校児童地域教員国際人間

    代表キーワード

    教師論社会

    資料紹介

    1.教員を取り巻く社会状況
    先ず、現代の教員は社会の急激な変化に対応する必要がある。家族形態だけとっても核家族化、離婚、再婚、単身赴任などが増加し、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「これからの教員に求められる資質能力について、具体例を挙げて述べよ」
    はじめに
     子供の学校教育は小学校入学から始まる。その時点から教育に携わるのが教師であり、6年間の課程で児童への指導の仕方・考え方・教師の人柄など、身近な大人の一人として大きな影響を与える存在であることは間違いない。日々児童たちに接し、指導にあたる教師には、複雑で多様な現代社会を生きる児童等に、自ら考え、学び、問題解決し、豊かな人間性を養う「生きる力」をはぐぐむことを前提に考える。教師には、これを伸ばすことのできる実践的な指導力を培うように日々切磋琢磨しなくてはならないのである。
    1.教員を取り巻く社会状況
    先ず、現代の教員は社会の急激な変化に対応する必要がある。家族形態だけとっても核家族化、離婚、再婚、単身赴任などが増加し、性別役割分業という言葉もあまり聞かなくなった。これに加え少子高齢化、国際化、情報化、高学歴化などが混在している状況であり、教員は「家庭はこうあるべき」といったような固執した考えや指導の仕方には配慮すべきである。また保護者側からも学校や教員に対する要望が多様になっており、保護者一人ひとりのニーズに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。