音楽Ⅰ。A評価「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数340
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
     クラシック音楽とは西洋音楽で昔からある音楽のことで、古来より文字のない文化はあるが音楽のない文化はなく、特にクラシック音楽は現代でも、舞台・ドラマ・TVコマーシャル・個人の携帯端末に至るまで、様々な場面で使用され、親しまれている。
     ここでは西洋音楽における、クラシックの代表的作曲家について挙げていき、説明した後、小学校における教育現場でどう活用されていくかを考察していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「クラシックの代表的作曲家と、クラシック音楽の保育・教育等の現場での活用方法について述べよ」
    はじめに クラシック音楽とは西洋音楽で昔からある音楽のことで、古来より文字のない文化はあるが音楽のない文化はなく、特にクラシック音楽は現代でも、舞台・ドラマ・TVコマーシャル・個人の携帯端末に至るまで、様々な場面で使用され、親しまれている。 ここでは西洋音楽における、クラシックの代表的作曲家について挙げていき、説明した後、小学校における教育現場でどう活用されていくかを考察していく。
    1.クラシック音楽の歴史について。
    17世紀から18世紀中期までの音楽は「バロック音楽」と言う。教会・室内・劇場の3種類が独立し、声楽と器楽との区別がはっきりしてきたのが特徴である。
    代表的作曲家は、ヴィバルディ、バッハ、ヘンデルである。ヴィバルディは近代の協奏曲の基礎を築きバロック音楽の最高峰的存在となり、ヴァイオリン協奏曲『四季』などを生み出した。
    バッハ(1685~1750)は、教会への敬虔な信仰心も持つ音楽家であり、「音楽の父」と称された。『トッカータとフーガ二短調』や『G線上のアリア』、『平均律クラビーア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。