ソーシャルワークの形成過程

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数630
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークが組織的に展開される以前に、社会的弱者に手を差しのべたのは、日本でも世界でも宗教的な価値に突き動かされた人々であった。ソーシャルワークの形成過程を、イギリスを中心として論じたい。イギリスでは、資本主義の成立に伴い、中世的な慈善による救済ではもはや対応しきれなくなり、国家的な対策が発展することになった。1601年には、エリザベス救貧法が完成した。労働能力の有無を基準に、有能貧民、無能貧民および児童と分類され、就労を強制したり、教区徒弟として送り出した。1800年代に入って、イギリスは世界に先駆けて産業革命を経験する。産業革命により工業形態が変化したことにより、工場では新たに工員が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。