活動電位の流れ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数273
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ☆活動電位の流れ
    (①静止電位)→(②刺激)→(③脱分極)→(④ピーク)→(⑤再分極)→
    →(⑥過分極)→(⑦不応期)
    ①静止電位
    静止電位では、(K+チャネルは開いている)が、(Na+チャネルは閉じている)為、
    (膜間を移動している主なイオンはK+)であり、
    その結果、(静止電位はK+平衡電位に比較近い値をとる)。
    ②刺激
    (興奮刺激によって膜の局所的な脱分極)が起き、
    (神経細胞の表面の膜にあるNa+チャネルが開く)。
    その結果(Na+は濃度勾配および電気的勾配が推進力)となり、
    (Na+が細胞内へ流入)する。
    ③脱分極
    (Na+が流入し膜電位の負電荷が減少すると)、
    さらに (Na+チャ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。