海洋生物学概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数245
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    海洋生物学概論
    ベントス
     
    【ベントスの群集構造を決める要因】
    ①物理的要因
    底質(砂、泥、砂泥) ⇒ 埋在種・表在種
    (潮、汐、流れ、波長、光、潮の流れ)
     
    ②化学的要因
    水温、塩分、DO、濁り、有機物量、栄養類、微量金属
     
    ③生物的要因
    生物撹乱、競争、捕食、発生様式
     
     
    【発生様式】
    ①直接発生
    卵ふ化すると成体と同様の生活が可
    (テングニン・サキグロタマツメタガイ)
    ②間接発生
    卵ふ化後、浮遊幼生期を経て成体となる

    Ⅰ.卵黄栄養幼生
     ⇒ 少産大型で浮遊期が短く、水層中では摂食しない
    ・プランクトン食幼生に比べて死亡率が低く、
    加入率の変動が小さく安定したバイオマスを維持
    ・親の個体群からはあまり遠くにはいかない
    Ⅱ.プランクトン食幼生
    ・小型で数が多い
    ・水層中に数週間から数ヶ月間プランクトンを食べて留まる
    ・分布拡大率が高く、加入率の手変動が大きい
     
    【底生生物の特徴】
    ①移動能力が小さい
    ②生息密度が高い(単位面積あたりの個体数や量が大きい)
    ③誰でも採取できる
    ④多種多様な生物がいる
    ⑤生息形態が多様である
    《活用》
    ①環境指標種として活用
    ②浄化主体と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。