行動主義に関するレポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数870
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    行動主義心理学

    代表キーワード

    心理学行動主義

    資料紹介

    心理学の歩みの講義の行動主義に関するレポート。A評価。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学の歩み レポート
                                     
    ①行動主義の背景。
     行動主義心理学が台頭した背景には、19世紀末からに物理学の発展が係わっている。当時には、物理学という言葉の範囲には、自然世界に対する研究する学問という現在の物理学の意味とは違って漠然とし、広い意味で使われていた。しかし、Eisteinなどの学者たちにより、物理学は独自の分野を作り、物事を説明して予測する最も強力な学問のひとつになり、多くの学問分野において物理学の方法論を模範として受け入れるようになった。
    ②行動主義の種類。
     行動主義は、1920年代のWatsonとSkinnerによって理論になり、1960年代まで人間の心に対する代表的で支配的だった理論であった。
    1.方法論的の行動主義。
     人間の心に対する経験的な研究を行う場合、一般的に観察可能なデータは、入力としての刺激と出力としての反応しかない。そして、観察可能な反応は身体的な行動と言語的な行動しかない。つまり、科学的な心理学が扱うべきものは、人間の身体的な行動と言動的な行動である。方法論的の行動主義は心理学の研究方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。