ジェンダーと平等に関するレポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,137
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ジェンダー論の講義のジェンダーと平等に関するのレポート。A評価。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジェンダー論 期末レポート
    学籍番号 
    名前  
    課題名 ジェンダーと平等
    1.はじめに。
     男が女と違うということは何を意味するのだろうか。また女が男と違うということは何を意味するのだろうか。その違いは大きく2つに分けることができると考えられる。1つ目は生物学的性、つまりSEXのことで、我々が生まれてくる同時に決められる。2つ目は男らしいや女らしいと言った社会学的性である。
    我々はあらゆるところで性別に分けられ、人に接され、また人に接している。なぜこのようなことをしていて、それが当然であると思っているのだろうかと疑問に思いつつ、このレポートでは主に、ジェンダーと平等などに関して説明して考察する。
    2.ジェンダー。
     まず、ジェンダーの用語の定義をしておく必要がある。主に生物学的な性を指すSEXとは違って、ジェンダーは、社会的な意味での性のことを指す。このジェンダーの用語には現代の多数の国が主張する男女差別的なSEXより対等な男女間の関係を含み、平等においても全ての社会的な同等さを実現させるべきという意味が入っている。(この用語は、1995年9月5日北京第4回女性大会GO会議で決定され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。