二つの型の条件づけについてのレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数407
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    学習心理学のレポート。
    「A」評価。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習心理学 期末レポート
    題目:二つの型の<条件づけ>について
    I.序論
     学習理論的な観点での発達は、刺激と反応の連合を通した学習による成り立ち、学習の法則や原理に従って進行していく。また、発達の主な推進力は有機体の内部にあるのではなく、環境の影響を受ける。一方、学習理論家らは人間発達に段階があるとはみなさない。つまり、ある特定の行動が、特定の段階や年齢に至って、突然現れたり、年齢によって質的な違いがあったり、するのではなく、量的に増加される連続的な過程である。このように、発達が量的な変化であるため、測定することも、証明することもできるのである。学習理論は、伝統的に二つの大きな学問的な流れを支配してきた。本レポートでは、まずは、学習に関する定義をした後、主要行動主義学習理論であるPavlovの古典的条件づけとSkinnerのオペラント条件づけを、それぞれ解説し、それを日常生活に結びづけて考察する。
    II.本論
    1.行動主義学習理論(PavlovとSkinnerの学習理論)の概観。
     行動主義と認知主義が主なもので、行動主義学習理論はロシアの生理学者であるIvan P.Pavlovの条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。