うつ病と統合失調症に関するレポート。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数839
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    臨床心理学のレポート。
    「A」評価。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    臨床心理学 秋期末レポート
                                  
    1.うつ病。
    (1)原因。
     うつ病の原因はまだはっきりと知られていない。それは、例えばある人にとっては明らかに原因であるものが、他の人にとってはまったくそうではない場合も多いからである。主にうつ病には以下の原因が複合的に作用すると考えられる。
    1)遺伝的な原因。
     一般的に家族などの中で、うつ病にかかった人がいた場合には、そうでな人よりうつ病の発病可能性が2~3倍高い。さらに、双子に対するデータもそれを裏付けるが、双子の間で、1人がうつ病である場合、他の1人にもうつ病が発病される比率が、二卵性や兄弟の間の方より、一卵性の方が高いという。
    2)心理的要因。
     主にストレスを一般の人より、多く受ける性格を持っている、また内向的で否定的、必要以上の義務感などを持っている人々はうつ病になる可能性が高いとされている。
    3)社会的な原因。
     経済的な困難、失恋、失職、事業失敗、親族の死など、日常生活の中でのそういった変化によってうつ病を誘発させる。
    4)薬物副作用。
     身体疾患のための薬の服用から副作用が生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。