転移性肝がんの看護計画・関連図

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,664
ダウンロード数16
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    十数年前の実習時に作成した関連図と看護計画。頭の整理や、書き方の参考になれば・・・。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                          *10/5の時点の情報
     
    看護問題: P) 疼痛
          E) 癌性疼痛・スピリチュアルペイン
          S) 苦痛用の表情 疼痛の訴えなど
    目標:疼痛時、看護師に訴えることができる
    疼痛が緩和される(眉間の皺が減る・苦痛様の表情がなくなる)
       
    OP:
    □苦痛様表情・言動の有無
    (眉間の皺・死にたいなどの悲観的な言葉等 / スケールでの対応困難なため)
    □疼痛出現の時間帯・出現の間隔
    □疼痛緩和因子・増強因子(体位・疼痛発生時の状況など)
    □屯用薬使用の時間帯・鎮痛剤の作用時間
    □夜間入眠状況
    □腹部症状の観察(嘔気・腹痛など)
    □排泄状況観察
    CP:
    □時間を決めての内服(疼痛が出現する前に屯用使用してコントロール)
    □疼痛や苦痛の訴えに対して迅速に対応
    (Dr報告・臨時指示の使用など)
    □バイタル測定
    □疼痛コントロール状況Drに報告
    □安楽な体位・環境を整える
    □リラックスできる方法(アロママッサージ・入浴等の保整)
    看護問題: P) 死への不安
          E) 死・急性疼痛
          S) 死にたい、意識がなくなるの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。