教育の方法と技術 第一分冊

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数294
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教授活動のモデル(五段階)とは、「授業目標の設定」「学習者の事前調査」「授業計画の決定」「狭義の教授活動」「評価」の五つである。
    まず「授業目標の設定」である。授業は常に目標を持った活動であり何を学習させようとするかが目標となる。
    次の「学習者の事前調査」とは、教師が授業を行う以前の調査のことである。これで生徒の目標に対する実態を把握し、目標の変更や調整を行うことができる。
    「授業計画の決定」はいかに効率的に目標を達成できるかの計画を策定することである。以上のように決定された目標や計画は「学習指導案」の形にまとめられることになる。
    次の「狭義の教授活動」とは、実際に設計された目標・計画に基づいて生徒に説明や発問、叱る・誉めるといった働きかけをすることである。
    最後の「評価」とは生徒の評価に加えて、教授活動に対しても評価を行うことである。実際の教授活動において学習の成立が見られたかどうかを評価し、活動を改善していく方法をとる。
    以上が教授活動のモデルである。
    次に、第二段階、第四段階、第五段階で利用可能な評価の方法である。評価法には「診断的評価」「形成的評価」「総括的評価」の三つを用いる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。