生徒理解と教育相談 第二分冊

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数306
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教師は生徒に対して教育相談を受ける際、まず「聴く」ことに重きを置くことが大切である。何らかの問題を抱えている生徒は時には身勝手な言動があったり、非現実的な難題を突きつけてくる場合が考えられる。例えばいじめを受けている生徒が一方的に「死にたい」と言ってきたり、「私も死ぬから先生も一緒に死のう」といったような非現実的なことを言う場合である。しかしそれは、本人としては必死の思いで打ち明けた悩みであり、それをよく聴く前に是非を下してしまうということは絶対に避けねばならないことである。生徒それぞれの表情や動作にも気を配り、様子を読み取ることで生徒の表面だけでなく内面にも目を向けることが大切である。また、話を聴く姿勢では、うなずきながら相手を受け止めることが重要だ。生徒の話に耳を傾けているということをうなずくという態度から感じ取ってもらうことができ、生徒自身は受け止めてもらっているという手ごたえを感じることができるだろう。上の例では「死にたい」という気持ちがどうして生まれたのか、そしてそこまでその感情が大きくなったのはどうしてか、どんな気持ちの整理の仕方が必要なのかといったことまで話を聴く中で生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。