明星大学 生徒指導 2単位目 反社会的行動 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数541
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生徒指導 2単位目 
    次の項目のどちらかを選択し、児童の問題に対する指導のあり方に言及しなさい。
    「②反社会的行動」を選択
    生徒指導において問題とされる行動、すなわち問題行動は、不適応な事態に対する反応である。その表れ方が外側へ反抗の形をとった場合は反社会的行動、内側に逃避する形をとった場合が非社会的行動と呼ばれる。ここでは反社会的行動について考察する。その具体的内容は、集団暴力、家庭内暴力、校内暴力といった暴力行為や、いじめ、薬物乱用などがある。
    まず、暴力行為であるが、多くの場合、人間存在の大衆化・無名化が急速に進む中で、子どもたちは現実の中に確かな存在意義を見いだせず、自分を自分たらしめるよりどころを失い、そこを超えるための確信的行為として犯罪に至っているといえる。従って、教師は子どもたち対して、常に彼らの内面を理解しようとする姿勢と、学校で自己効力感を得させるように心掛ける必要がある。しかし、体罰により問題の解決を図ろうとする教師は少なくないのが現実である。教師が子どもに対して暴力を振るうということは、自分の意に添わなければ暴力に訴えるということのモデルを、教師自身が示している..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。