明星大学 家庭科教育 1・2単位 レポート用要点まとめ・試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数699
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1単位目と2単位目のレポート作成・試験対策に対応しています。これを元に、オリジナルのレポートも作成できますよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭科教育1単位目 まとめ
    ○現在の子供の実態・社会問題
    ・核家族化や、家族の小規模化
    (親の強い期待や過干渉、過保護、子ども中心の生活習慣)
    ・子どもの生活体験が減少(家事などは子どもにやらせない)
    ・生活の画一化
    ・物の作られる過程を知らず、物を大事にできない
    ・人間関係の希薄化により、円滑な人間関係の形成に支障
    ・屋内で一人遊びや二人遊びをする子どもの増加で、集団で体を動かしながら自然に培われる社会性が習得できない。
    なんのために家庭科があるの?
    ①児童の生活の自立を目指す
    ②家庭生活を学習内容とする家庭科は、身近な日常生活の実態を把握し、問題視されている事柄を学習内容として取り組み、児童の人間形成に寄与する
    ③精神活動の発達段階を考慮して、日常生活に近づけた学習内容や健全な発達を支援
    目標
    衣食住などに関する実践的・体験的な活動を通して、日常生活を大切にする心情を育み、家族の一員として生活をよりよくしようとする実践的な態度を育てる。
    課題
    家庭科と、様々な事柄の関連
    ・家庭科と生きる力
    家庭科で、生きて働く力を習得させ、児童の生活の自立に貢献できるように支援していく効果的な指導..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。