西洋史概論 分冊2

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数272
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    フランス革命について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    西洋史概論 分冊2
    1789年-フランス革命序論 G.ルフェーヴル 岩波文庫 1998/05/18 
    41-50 77-84 108-119 126-128 143-154
    フランス革命-歴史における劇薬 遅塚忠躬 岩波ジュニア文庫 77-81 1998/02/09
     フランス革命の原因として考えられることは、度重なる諸外国との戦争による財政危機と啓蒙思想が広がる時代背景があげられる。財政においてはイギリスとの世界貿易の覇権と植民地の争奪をめぐる戦いで劣勢をしいられ、逼迫していた。そして、イギリスによる産業革命の展開はフランスにとって大きな脅威となった。また、当時フランスでは啓蒙思想家であるルソーや百科全書派であるヴォルテールにより、社会契約説が多くの知識人に影響を与え、それに国民が共感したことで、当時の社会体制に対する反発が鬱積した。フランスでは18世紀後半に至っても、君主主権が唱えられブルボン朝による絶対君主制の支配が続いていた。アンシャン・レジーム下では、国民は三つの身分に分けられており、第一身分である聖職者が14万人、第二身分である貴族が40万人、第三身分である平民が2600万..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。