保健体育講義Ⅰ 分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数307
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題
    我々を取り巻く環境のうち「物理的環境」と「化学的環境」とは何かについてまず説明しなさい。そして,あなたの住まいや地域,職場などの環境で問題になっていること,あるいはマスコミなどで取り上げられている環境問題を具体例として示し,説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保健体育講義Ⅰ 分冊1
    参考資料
    気象庁HP http://www.jma.go.jp/jma/index.html
    人々を取り巻く環境
    環境と一言でいっても、我々自身の内部の環境と、我々を取り巻く外部の環境と大別される。我々人体内に存在する恒常性のある内部環境は、色々な要因の変動から成り立っている外部環境の影響を受けている。内部環境とかけ離れた外部環境であっても、ある期間その環境下に留まると負担を感じなくなるという適応能力を発揮することができる。しかし、今地球上では物理的環境や科学的環境、環境的問題が様々に変化していることがいえる。以下にこれらについて説明する。
    物理的環境
    物理的な因子として気温、気湿、日照、降水量などがあげられる。この因子は複合して影響するので気候要素という。そして、人体の影響という観点からみると、一つは不快指数であり、気温と気湿との関係から次のような式が求められる。
    不快指数=(乾球温度(℃)+湿球温度(℃))×0.72+40.6
    この不快指数は、当然気温の高さも関わってくるが、指数が80に達すると全ての人が不快を感じるとされている。
     日本の平均気温は、189..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。