地誌学概論 分冊2

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数357
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題
    アメリカ合衆国の大都市が抱えている諸問題について、とくに地域制(事例に選んだ都市が立地している)の特色に留意して説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地誌学概論 分冊2
    参考文献
    ウォーターフロントの計画ノート 横内憲久 56-72 94-112 ウォーターフロント計画研究会 1994/11
    課題
    アメリカ合衆国の大都市が抱えている諸問題について、とくに地域性(事例に選んだ都市が立地している)の特色に留意して説明しなさい。<参考文献、複数が条件>
    キーワード
    メガロポリス化、人種問題、ウォーターフロント開発、産業集積
     20世紀後半、ウォーターフロント開発が盛んに行われた。港湾は水運の拠点として栄えるが、その後の陸上交通の発達や船舶の大型化により衰退することが多くなってしまったのだ。しかし、老朽化したニューヨークの港湾地区が再開発され、ロンドンや東京でも再開発計画が実施された。
     これらのウォーターフロント開発に共通していることは、まず、輸送形態がコンテナ化され、旧来の港湾施設が使用不可能となり、遊休化していた土地を再活用しようと結びついたこと。更に、大都市における中枢管理機能の集積が、港湾地区に新たな商業サービス機能や住宅の立地を必要としてきたことの2点が挙げられる。以前は、生活空間として捉えることの少なかった臨海部であったが、近..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。