行政学 分冊1

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数322
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日大通信行政学分冊1合格

    代表キーワード

    日本大学行政学

    資料紹介

    課題:アメリカ行政学誕生の背景、発展の歴史、それぞれの理論の特徴や内容について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    行政学
    アメリカ行政の誕生の背景
     アメリカにおける行政学の成立の背景をなすものは、基本的に19世紀から20世紀初頭にかけての職能国家化の趨勢である。
     都市行政についての市政浄化や都市時代の到来という時期での市民の関心領域の明確化から、直ちに行政研究へ本格的に着手されるに先立って、この国での行政に対する理論が既に展開されていた。ジャクソニアン・デモクラシーといわれるアメリカの行政の理論と実際とにおいて民主主義を確立したジャクソン等がアメリカ的行政観を如実に表明していたものと理解できる。政府行政機能の拡大強化が、必然的に行政への実践的並びに理論的関心の増大をもたらし、ついに一個の独立科学としての行政学の誕生および成長に結実するのである。
    政治と行政の二分論
     アメリカ行政学が発展していく際、行政における民主主義と能率のうち、能率に大きく傾くことになる。産業社会の発達と民主主義の肥大によってもたらされた民主主義の危機は、今やその能動化から能率化によってのみ打開されるものであるとし、「能率」がアメリカ行政学の第一の指導理念とし、形成されていったのである。そして、「能率」を第一の指導理念とす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。