経済政策 分冊1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数319
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:市場機構の役割と問題点について述べ、政府の役割(経済政策の必要性)について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済政策
    市場のメリット
    一般に、ある商品の供給が需要を上回ると、その商品は売れ残る。売れ残ってしまうのであれば値下げしてでも売ろうとなり、その結果価格は下降する。逆に、需要が供給を上回っている状態になると売れ行きが良くなるため生産者は儲けを増やそうと商品の値上げを行い、その結果価格は上昇する。この価格の上昇・下降プロセスは需要量と供給量が等しくなるまで続くだろう。このようにして消費者と生産者が最適な選択を行おうとする限り、需要と供給とが等しくなる。この調整プロセスが市場メカニズムであり、現代の経済の土台ともいえる仕組みである。需要と供給とが等しくなるということは、消費者は効用を最大にしているし、生産者は利潤を最大にしていると言える。この状態を市場均衡といい、社会全体のあらゆる消費者と生産者が最適な選択を行っていると言える。しかし、この市場メカニズムの機能には限界もある。
    市場のデメリットと政府の役割
    市場メカニズムが調整できるのは、市場で取引される商品の需給に限られており、市場で取引されない空気や海・川の水などの自然環境や、街並み、景観などの価値について、市場メカニズムでは調整されな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。