鏡映描写

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,217
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験心理学心理学習大学運動比較知覚測定転移

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
     私たちは日々の生活の中で、様々な学習をしながら暮らしている。運動技能を習得していく過程で、ぎこちない行動が熟練したものへと変わっていく過程を知覚運動学習という。例としては楽器の練習などがあげられる。
    このような知覚運動学習の中で、ある学習を行った時に、そのほかの学習を促進したり、逆に遅らせたりすることを学習の転移といい、知覚運動において、身体の一方の側の期間を用いた学習を行うと、それがのちに行われるもう一方の側の期間を用いた学習に促進的に作用することを両側性転移という。
    また、学習が促進される場合を正の転移、その逆の場合を負の転移という。正の転移の例として、ピアノが弾ける人はキーボード..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。