「ドルードル(droodle)」課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数651
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験心理学心理大学課題記憶考察調査材料意味

    代表キーワード

    心理学

    資料紹介

    実際に実験をしてt検定を行いました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    記憶における意味的処理と想起の関係について考察する
    方法
    調査対象者;X女子大学2年の心理学実験観察演習IAの授業履修者
    調査時期;2010年5月19日
    調査場所;調査対象者が通う大学構内の一教室にて行った
    材料;「ドルードル」と呼ばれる無意味絵のセット(20対)
    実験手続;
     被験者をラベル有り群とラベル無群の2群に分ける。両群をさらにA・B・C・D・Eの5グループに分け、各グループ内で1番、2番と順番を割り振る。実験は、まずTAが実験者となり、A・Bグループの1番の学生を被験者として実施する。その後、グループ1番の学生は次に実験者となり、2番の学生を被験者として実験を実施する(以下同様)。TAは次にC・Dグループで実験を開始し、最後にEグループで実験を開始した。グループの最後の学生が実験者となるときは、そのグループの誰かが被験者となるが、このデータは集計に入れない。実験は全体のタイムキーパーによって、全て一斉に行われる。
     まず、材料の記憶としての実験を行う。実験者は2枚1組の絵のカードをトランプのように切って、提示順序をランダムにし、「これから左右2枚で1組となっている絵..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。