生活科指導法 レポート ②

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数556
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育学部の合格レポートです。
    学習の参考資料として活用お願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2.生活科の内容のうち、学校と生活、自然や物を使った遊び、生活や出来事の交流、自分の成長の4点を取り上げ、学習や指導のポイントを説明しなさい。
     生活科は、具体的な活動や体験を通じて学びつつ、自分と対象との関わりを深めていき、自分自身の成長につなげていくことを重視している。
    平成20年に改訂された学習指導要領においては、9つの生活科の内容が提示されており、その中の下記4点について学習や指導のポイントを論述する。
    1 「学校と生活」
    この内容では、学校において、児童の暮らしを支えている施設や人々との関わりを深めながら、学校生活が豊かに展開できるように、また、楽しく安心して生活ができるようにすると同時に、登下校や通学路の安全を守る人々に関心を持ち、安全な登下校が出来ることを目指している。
    学校には校長先生や担任の先生だけではなく、保健室の養護教諭や図書室の司書教諭もいる。保健室や図書室を利用したりすることを通して、施設の役割、人の存在や働きなどに気付き、施設を利用する楽しさや居心地のよさを感じとり、学校生活が児童にとっての居場所となるようにすることが大切である。
    また、児童を取り巻く環..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。