社会科 科目テスト

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数561
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育学部の科目試験答案例です。学習の参考資料として活用お願いします。
    1、「よい教材」あるいは「望ましい教材」の条件を4点から述べよ。
    2、第3学年社会科の基本的性格、位置づけ、課題を述べ、学習指導上の留意点を3点から述べよ。
    3.第4学年社会科の基本的性格、位置づけ、課題を述べよ。
    4.第5学年社会科の基本的性格を述べ、課題あるいは指導上の留意点を論じよ。
    5.第6学年社会科の基本的性格を述べ、課題あるいは中学校社会科との連続性について論じよ。
    6.小学校社会科の評価の観点を明示し、それぞれの観点の評価方法を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、「よい教材」あるいは「望ましい教材」の条件を4点から述べよ。
    ① 教科内容を表す典型であり、具体性を持っているもの
    小学校段階の児童には見ることができない教科内容を見ることができるようにする
    のは「教材」である。
    児童が教科内容へとたどり着くには、教材が教科内容で示される社会的事象の特性を
    端的に表していなければならないし、直接に知覚され、認識されうる形や内容を備え
    ていなければならない。
    ② 地域の実態を考慮し、児童の発達段階に応じたもの
    中学年での内容「地域の人々の生産や販売について」教えるとき、教科書に農家の仕
    事が取り上げられていたとする。
    しかし、都市部の学校では、周囲に対象となる農家が少なかったり、児童が全体的に
    農作業の経験が乏しく、教科書で農家の様子を学んでもイメージがわかず、関心を持
    てなかったりすることがある。
    また、授業で見学やインタビューをする機会が限られるため、中学年が学習を進める
    のに大切な道具となる五感を働かせることも難しくなる。
    この場合、地域や児童に実態に合った教材とはいえないため、教科書から離れ、教師
    が地域の実態を把握して、「生産」に関する仕事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。