体育科指導法 レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数975
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育学部の合格レポートです。
    学習の参考資料として活用お願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1.子どもの身体発達の特徴を発達段階に分けて説明し、あなたが考える小学校の体育のあり方について述べなさい。
     子どもの身体発達の特徴については、Gallahueにより、その運動発達を四段階に分けて説明している。
     最初の発達段階は、胎児~1歳までの間で、胎児や新生児に見られる「反射的運動の段階」をむかえる。この段階では、皮質化のコントロールによる各種の原始反射や姿勢反対のような不随意運動が出現する。
     2番目の発達段階では、誕生~2歳までの間で、最初の随意運動のあらわれともいえる「初歩的運動の段階」をむかえる。この段階では、移動系・操作系及び平衡系の運動を身につける。
    3番目の発達段階では、2~7歳までの間
    でさまざまな基本的な運動が著しく発達する「基本的運動の段階」をむかえる。この段階は更に3つに細分され、次のとおりに発現する。
    まず、2~3歳頃は基本的運動が未熟な「初期段階」をむかえ、4~5歳になると初歩的ながら基本的運動が定着して、次の段階へのステップとなる「初歩的段階」に進み、最後の6~7歳では獲得する運動の種類及びその動作が、成人の発達水準にほぼ近づき基本的運動がかなり発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。