教職論 レポート ②

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,094
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育学部の合格レポートです。
    学習の参考資料として活用お願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2.「学級崩壊」について、その背景や原因について述べた上で、「学級崩壊」を起さない学級づくりについて、自分なりの視点を設定して論じなさい。
    1.「学級崩壊」の背景
    19,97年にマスコミに取り上げられて社会問題となった学級崩壊の背景には、近年の情報化社会の高度化にともなった「地域の教育力低下の問題」、家庭のしつけができていないといった「家庭の教育力低下の問題」、保護者が学校に協力的で、子供も教師の言うことを素直に聞くという伝統的な学校文化の崩壊による「教師の権威の崩壊」という問題があると言われている。
    2.「学級崩壊」の原因
    学級崩壊の原因の一つとして、子供達の人間関係の問題が考えられる。  
    現代の子供達は、核家族問題、少子化問題、地域の都市化の問題等の中で育っているため、人と付き合う、若しくは人間関係を維持するといったソーシャルスキルが未熟であり、また集団生活の中で活動していくという体験もできておらず、集団のルールの中で活動することが苦手であるという特徴を持っている。そういう子供達が教室に集まった時、従来のような学級集団が自然に形成され、自発的な活動をしていくことが出来にくくな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。