国語科指導法 レポート ①

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数672
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育学部の合格レポートです。
    学習の参考資料として活用お願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1.国語科とは、どのような力(学力)の習得をめざす教科か。平成20年版『学習指導要領』を含め、テキスト第1章に示された事柄の共通点を見いだし、整理して述べなさい。
    1.学習指導要領に示された国語科の目標
    平成20年版『小学校学習指導要領』における国語科の目標では、国語科において習得を目指す力として次の四点が挙げられている。
    ①国語を適切に表現し正確に理解する力
    これは、他者の話や書物などから情報を得る力(理解力)と、得られた情報をもとに、自己の思いや考えを確かに、豊かに言葉によって形成、表出し他者へ伝達する力(表現力)であり、適切に表現することと正確に理解することは日常において連続かつ同時に行われるものである。
    仕事をする上でも、またプライベートでの友人、知人との交流や、このようなレポートを作成する上でも、人が文化的な生活を営む以上、必要かつ重要となる力である。
    一例として、仕事における理解力と表現力の重要性について考察する。ある仕事の依頼を受けて、それに着手し、上司にその結果を報告する場合、理解力がなければ、その仕事の目的を正確に掴むことが出来ず、具体的かつ効率的な方法で計画を立..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。