国語1 レポート ①

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数472
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近大姫路大学通信教育学部の合格レポートです。
    学習の参考資料として活用お願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1.日本は、中国から大きな影響を受けていますが、それは言語の面でも指摘することができます。どのような影響を受けているのかについて、「文字」「語彙」「文化」の観点から説明しなさい。説明にあたって、具体例は自分で考えたものを使うようにしなさい。
    1 「文字」
    日本語の普通の文章の表記は漢字仮名交じり文で、その中心となるのは漢字とひらがなである。漢字は中国の文字であり、仮名は漢字が元となってできたものであることから、日本は中国から多大な影響を受けて、今日の言語が形成されていることが分かる。
    漢字の起こりは、紀元前約1350年ころにさかのぼる。漢字の元は絵文字から発達しており、漢の時代の許慎が、指示・象形・会意・形成・転注・仮借という六書でその成り立ちを示している。
    漢字が中国の文化を支え続けてきたことはいうまでもないが、周辺の民族にも影響を与えた。とりわけ、日本民族は、漢字をそのまま取り入れる方法で活発に漢字を使い、主要な文字として使用し続けている。そして、漢字で表現できない言葉を補うために国字を作って、現在も使っている。国字は、「畑」(はたけ)のように訓読みしかないものと、音読みも持つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。