合格済 佛教大学通信教育 「英語学概論」 レポート設題1  P6103  最新版2014年

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数860
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    非常に人気が高いレポートです。
    今年の設題です。参考までにどうぞ。
    設題「英語と日本語の文法構造または意味構造を比較対照し、両者の違いをデータに基づいて具体的に論ぜよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語学概論
    『英語と日本語の文法構造または意味構造を比較対照し、両者の違いをデータに基づいて具体的に論ぜよ。』
     はじめに、それぞれのテーマから英単語、英文の具体例を提示し、その特徴を述べ、それらを和単語、和文の具体例と比べて考察しまとめる。
    『機能主義の考え方から英文と和文の比較』
    文法の情報構造を研究する際、不可欠な道具立てに、旧情報と新情報といった二つの対立概念が存在する。まず、旧情報とは、発話するときに聞き手の意識の中に既にあると、話し手が仮定している情報のことを指す。新情報とは発話によって聞き手に新しく与えられると、話し手が仮定している情報のことを指す。また、「主題」という考え方も存在する。これは、ある文がXについて述べる場合、そのXを主題と言う。分りやすくする為に、英文で例を作ってみると、1 What did you do ? → I(旧情報) played baseball. (新情報) このように多くの場合は、旧情報は文頭に、新情報は文末に置かれるといった傾向がみられる。また話し手が最も伝えたい焦点(目的語)は文末に置かれる。これは英語では、聞き手がすでに知っている情報..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。