2014年 佛教大学通信教育 『米文学研究』 第1設題第2設題セット

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数339
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年佛教大学のレポートをセットで販売しております。合格済みですが参考程度にお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    米文学研究
    第一設題
    『グレート・ギャツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。
    フィッツジェラルド(1896-1940)は『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby,1925)の作者であり、ロスト・ジェネレーションの作家の一人である。「青春の輝きとその喪失」(1984)が彼の作品のパターンであるといわれている。ロスト・ジェネレーションの作家には共通のテーマが存在し、「喪失」・「幻滅」、そして、社会の迷子であると考えられている。これらのことからもこの考察は否定し難いものだと考えられる。そしてこれは、彼の作品パターンに一致すると筆者も考えているのである。この作品の内容としては、西部の貧農出身のギャツビーが冨を得て、かつての恋人であった身分の違うデイジーを夫トムから奪還し、結婚しようという夢を持ち、その夢半ばで悲劇的な最後を迎えるというあらすじとなっている。この作品の中では、設題である「感覚的な描写」が多く使用されている。これらの点を確認した上で早速設題について見ていきたい。
    今回私がこの作品の中で特に注目した点が「色彩」であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。