2014年 佛教大学通信教育 『英米文学概論』 第1設題第2設題セット

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数287
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年佛教大学のレポート課題です。合格済みですが参考程度にお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概論
    第一設題
    『イギリスの劇について述べなさい。』
     はじめに、イギリスで作られた劇について、イギリス成立から近代まで、さらに現代までがどういった時代であり、どのような作家がいて、またその作家たちはその時代の中で何を思い、どんな作品を後世に残し影響を与えたかについてまとめていきたい。
     ヨーロッパ文化の源泉となるものに、ヘレニズムとヘブライズムがある。これは、オリエント人からギリシア人へ受け継がれローマによって普及されたものである。ローマの滅亡によってゲルマンの大移動が始まると彼らのゲルマニズムという考え方がヘレニズム、ヘブライ思想と融合しローマの影響を受けて高い文化を作ったのである。このようなゲルマンがヨーロッパ各地に移動していき、国と文化を作っていく。イギリスもそうだ。この後にも色々な民族がイギリスに移動する。注目は紀元前6世紀頃のケルト人である。ケルト文学のテーマとしては、愛と義務との板ばさみの中での英雄行為や、それを阻もうとする陰謀、魔術などが挙げられる。紀元5世紀半ばには、アングル人、サクソン人がイギリスに侵入、定住しアングロ・サクソン七王国を建国する。6世紀末には..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。