(教科)家庭 第1分冊

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数405
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    家族子ども教師高齢者家庭学習児童結婚現代指導

    代表キーワード

    家庭

    資料紹介

    A評価。
    参考程度に使用してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     家族とは、「夫婦関係を基礎として、親子・きょうだいなど少数の近親者を主要な構成員とする、第一次的な福祉追及の集団」、「夫婦及び子どもを中心の居住と政経を共にし、共通の家族意識を持っている血縁的集団」などと定義されている。((教科)家庭,P3引用)しかし、母子や父子といった単親家族の増加や事実婚の形態をとる男女がいるなど、現代の家族事情から考えると、家族とは何であるか、普遍的に定義することは難しいといえる。
     親族の血縁関係には、祖父母、父母、子、孫のように田鄭に広がる直系と、兄弟姉妹のように横にほろがる傍系とがある。直系家族及び傍系家族には、主に3つの家族の類型がある。1つ目は、1組の夫婦と未婚の子どもからなり、親族の基本単位である。2つ目に、結婚した子どもの家族ろ父母が同居する家族を、直系的な核大家族といい、結婚したきょうだいの家族が同居する家族を、傍系的な核大家族という。3つ目には、父母が結婚した複数の子どもと同居する直系、傍系双方向に拡大する家族の複合家族がある。近年の家族の類型では、結婚した複数のきょうだいが同居して傍系的に拡大するケースは非常に少なくなっている。
     近年、わ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。