特別活動の指導法 第1分冊

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数195
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価。
    参考までにお使い下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①特別活動の目標や内容について
    特別活動の目標は、学級(ホームルーム)活動・「童会・生徒会活動・クラブ活動・学校行事の4つの内容の総括的な目標である。「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、自己の生き方についての考えを深め、自己を生かす能力を養う。」を目標とし、今次改定で育てる能力が明確に示された。また、特別活動の各活動・学校行事のそれぞれに目標と内容が設定されている。
    学級活動の目標は「学級活動を通して、望ましい人間関係を形成し、集団の一員として学級や学校におけるより生活づくりに参画し、諸問題を解決しようとする自主的、実践的な態度や健全な生活態度を育てる。」と示している。学級活動は、共に生活や学習に取り組む同年齢の学級を単位をした集団において行われる活動であり、学校生活の基本となる集団活動である。内容は、低学年・中学年・高学年のそれぞれに分けて示されている。共通事項として①学級や学校の生活づくり、②日常の生活や学習への適応及び健康安全の大きく2つに分けられ、活動・指..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。