健康環境論実習  紫外線

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数335
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境紫外線実験栄養

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康環境論実習
          「 紫外線殺菌効果 」
    実習日 2008年 1月 7日
    温度:18.0℃ 湿度:36%
    【 目的 】
     新しい殺菌灯と古い殺菌灯を使用し、培地に塗沫した菌〔大腸菌E-coliおよび枯草菌 Bacillus subtilis〕に0分・30秒・1分・5分・15分・30分・60分・60分フタ有の各条件で紫外線照射を行い、新しいものと古いものの殺菌効果の違いを調べる。また、どのくらい紫外線照射すれば殺菌されるのかを調べる。
    Ⅰ.平板標準寒天培地の作成
    【 器具・機器類 】
     クリーンベンチ            オートクレーブ
     秤                  メスシリンダー
     80%アルコール           水浴
     三脚                 ガスバーナー
     薬さじ                三角フラスコ 500ml×2個
     アルミホイル             軍手
    【 準備 】
     シャーレ 40枚
     蒸留水
     標準寒天培地(粉末)
    【 方法 】
    標準寒天培地9.4gを秤量して三角フラスコに入れ、蒸留水400mlを加えて混合した。(各2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。