環境経済学 中国政府と公害

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数367
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    中国の環境問題を、政府の問題を通じて論じたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国政府と公害
     
     かつて先進諸国はその華々しい経済発展の代償として、公害を産み出してきた。2010年にGDPが日本のそれを上回り、世界第2位の経済大国に躍り出て、今なお経済成長を続ける中国においても、その目覚しい経済発展に伴って公害問題が深刻化している。公害はその直接的な原因が主に企業に求められ、一般の生活者個々人では根本的な対策は難しい。そのために公害は環境問題の中でも行政、法による適切な対応が不可欠なものである。中国において公害問題はその地理的環境の豊富さも手伝って、砂漠化など多岐に渡るが、特に国民の健康問題に関わる公害問題は、その被害が取り返しの付かないものであり、解決は急務といえる。しかし近年、中国における公害問題の中でも、その健康被害が大きな問題となっている。水質、土壌の汚染による癌、奇病の多発、光化学スモッグなど水、食品、空気を通じて国民の健康が危ぶまれる事態になっている。そしてこれらの公害、健康被害の深刻化は、行政府の対応と大きな関わりがあるといえるだろう。その代表的な問題点を下に挙げる。
     まず公害そのものを助長している行政側の問題点として、地方固有の経済事情、環境..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。