「喫煙率、受動喫煙などに関する記事の比較と考察」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数514
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    喫煙問題に関する複数のマスメディア(朝日新聞、日経新聞)の記事の比較、分析

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「喫煙率、受動喫煙などに関する記事の比較と考察」
    概要
     テーマ「報道の比較」
     朝日新聞と日本経済新聞、2012年2月1日付の朝刊における、喫煙率の変動、および受動喫煙の防止に関する諸問題についての記事の比較、分析を行った。その結果、文字数などの情報量、内容、伝え方などの比較によって、同じ題材であっても新聞によって問題の重要性の認識、重要と考える点、読者の受ける印象などに差異があり、受け手は必要とする情報に応じて新聞の性格を理解することや、読む新聞の数を意識することが重要ということが明らかになった。
     今回のレポートのテーマは「報道の比較」である。題材とした記事は、朝日新聞、日本経済新聞の喫煙率の変動、及び受動喫煙の防止に関する政府の政策に関するものである。このレポートにおいては両紙のこの記事について、中心的に記述している内容、伝え方、文字数などの情報量、読者が持つであろう印象などを比較して分析し、考察の結果明らかになったことを示す。
     まず題材とした記事の内容について、共通する記述を元に概要をまとめた。一つ目が、喫煙率の変動である。喫煙率が2割を切ったことや、禁煙を考えている人、希..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。